1. SPの株式会社マーキュリー
  2. メッセージ
  3. 健康経営宣言

Health Management
健康経営宣言

株式会社マーキュリーは、
企業理念に『感動エージェント』
~私たちは社会に対し、感動を与えることを
お約束いたします~
を掲げ、日々事業、経営に取り組んでいます。

そこで欠かせないのが、社員一人一人の心身がともに健康であること、
常に最大限の業務パフォーマンスを発揮できる、環境・仕組みづくりが大切です。

それらを実現するために、全てのステークホルダーに真摯に向き合い、
寄り添うための健康経営を行うことを、ここに宣言いたします。

マーキュリー健康経営方針

株式会社マーキュリーでは、自社従業員の健康課題を踏まえ、
健康増進の取り組みを行うことで、
社員一人ひとりが活き活きと働くことができるよう衛生管理に努め、
安心安全な仕組みづくりを実現します。

また、e-learningなどを通じて、
社員に向けたヘルスリテラシー向上を促す推進アプローチを、
積極的に行います。
健康意識や価値観、行動を変える試みによって、
雇用の安定や人材マネジメント、
育成に大きく繋がる効果を期待しています。

重点項目

定期健康診断受診率100%
社員一人ひとりが、元気に長く働くためには
それぞれの健康課題を把握し、それらに向けた対策、改善が必要です。
ストレスチェック実施による、
社員のメンタルヘルス不調の未然防止
日々の業務の中で、小さな違和感の積み重ねにより、心身ともに疲弊していくことで、
業務パフォーマンスへの影響を防ぎ、メンタル不調者のない環境づくりを目指します。
毎日の体温チェックを朝、昼の一日2回実施
感染予防を目的とした取り組みだが、
個人の日々の健康チェックにもつながります。
二次健診受診率50%以上
任意検診の費用補助、定期健康診断の結果、
精密検査や治療が必要と判定された従業員の、

受診勧奨を積極的に行っています。
特定保健指導実施機会の提供
生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、
専門スタッフを通して生活習慣を見直すサポートを会社として推奨しております。
感染予防対策実施
毎日の検温・消毒の徹底はもちろん、執務エリアや会議室等のアクリルパーテーションの設置、
非接触アイテムの配布、テレワークの導入など、できる限りの対策を施しています。
インフルエンザ予防接種に対する補助
毎日の検温・消毒の徹底はもちろん、執務エリアや会議室等のアクリルパーテーションの設置、
毎年、福利厚生会を通じて接種を促し、費用の一部を補助しています。

健康課題

「メンタルヘルス不調等のストレス関連
疾患の発生予防・早期発見・対応」

課題の内容・根拠

当社の事業特性上、ほとんどの社員が
クライアント先で常駐する勤務体制から、身体的な健康状態、
心理的ストレスや、それらに伴う心身の不調になかなか気づくことが難しい。

年に一度のストレスチェックの実施や、コンプライアンス窓口の設置、
セールスサポートチームによる業務状況のヒアリングなど、
様々な対応は行っているが、それらは本人からの自発的な申告をもって、
初めて改善や対策に乗り出すのが現状。
会社として、フラグが立つのを待つだけではなく、
こちら側からもアクションができるようプランを立てて取り組み、
離職率の低下にも反映することが課題。

数値目標の内容

対象者数
2872人
受験者数
2579人
受験率
89.79%
今年度目標値
90%
目標達成期限
2021年度

推進計画

ストレスチェックによって、対象者をできるだけすくいあげる
衛生委員会等での調査審議の徹底、産業医による面談実施の履行確保
職場環境の把握
就業復帰支援
個人情報の保護
不利益な取り扱いの防止 など